思い切って転職を試みることが成功への第一歩

勤めている職場で満足できる点が少なければ、転職を考えて当然です。

その職場に自分が合わないならマイナスにしかなりませんので、スパッと思い切って見切りをつけてしまうのも間違った考え方ではありません。ただ、転職するとなれば仕事を取り巻く状況が大きく変わりますので、細心の注意を払って行う必要があります。

 

転職においてアピールしなければいけない点は、転職先にとってどんなメリットがあるかです。前の職場で磨いたスキルを活かしてキャリアアップのために転職を選択した、というパターンがベストです。

たとえ前の職場に納得できない点で不満があったとしても、それを面接の場でベラベラと話してはいけません。それは相手にとってどうでも良いことですので、自分の転職によってどうプラスになるのかだけ伝えることが大事です。

 

また、転職先を選ぶなら決して妥協してはいけません。今は数々の転職サイトがありますので、そのサイトへアクセスすれば必ずピタリと直感に合う転職先が見つかります。

 

転職はそう何度も繰り返して行うものではありませんので、これで良いかと妥協せずに心から納得できる転職先を探し出すことがとても大事です。給料面はもちろんそうですし、勤務地や休日などすべてが前の職場より良くなることを前提に転職先を探します。

 

それで転職先の候補がだいたい決まったら、後は悩まずどんどん行動することです。そうすることで、転職に対してとてもアグレッシブになりますし、その心意気が転職先に伝わって好結果をもたらしてくれます。

バイト求人はメール応募がお勧めの理由

採用担当者の方の立場から考えると、手間が省け連絡ミスも防げる、ネット応募がお勧め

 

多くの場合、応募の際は電話応募とネット応募の両方が用意されています。

正直、迷うところです。
まず、ネット応募のメリットをあげてみましょう。

サイトによって応募時に記入する内容が違いますが、氏名、連絡先などの基本情報の他に、簡単な経歴や自分をアピールするスペースが設けられている場合があります。

これらを利用すれば、この時点で自分を売り込むことができます。

アピールが成功すれば何か大きな印象を残せる可能性があります。

 

また、採用担当の方にとっても、ネット応募への対応の方が好ましい側面があります。

採用活動は忙しい業務の合間に行っている場合が多く、ネット応募への対応はラクです。

 

電話応募の様に、その都度対応する手間が省けます。

 

電話応募の場合は、業務の手を止めての対応になりますので、電話をかけたタイミングによっては、慌てて話さなければいけないことも充分に考えられます。

電話で話せる内容には限度がありますし、担当者の方が慌てていて、連絡先情報を聞き間違えたり、記入ミスをする事も考えられます。

 

実際、そのような事が起これば、まてど暮らせど連絡はこず…という事になってしまいます。自分から確認するのも気が引けます。

その点ネット応募であれば、そのようなミスは起こりません。

 

連絡先にメールなども記入できるメリットもあります。

先方からの面接連絡の際、もしあなたが留守の場合もメールで連絡が届けば、スムーズに進みます。

 

やはり双方にとってメリットがある、メール応募がお勧めと云えるでしょう。

求人におけるネット応募と電話応募の比較

通常でアルバイトに応募しようとする際には、電話かインターネットで応募するというのが主流になっています。それぞれにメリットデメリットが考えられます。

 

電話応募のメリット

 

電話でアルバイトに応募する際には直接採用担当者と話をすることができたり、疑問や質問がある場合にはその場で答えてもらえる、採用までの手間が少ないと言うようなメリットがあります。

それに、「インターネットで応募するのは失礼にあたるのではないか」と考えている人にとっては安心できるという面もあるでしょう。

 

しかし、大会社で採用を担当している人員がいるようなところならいいのですが、店舗の店長や従業員が採用担当を兼ねている場合などは「電話をする時間をどうするか」という問題があります。

もちろんそのような場合には店舗の忙しい時間を避けて電話をする方がよいに決まっているのですが、その時間がはっきりとしないということも考えられます。

 

インターネット応募のメリット

 

一方、インターネットによる応募では時間を気にすることなく応募できるというメリットがあります。

インターネットで応募しておけば、採用担当者は時間がある時にじっくりとその応募を検討することができます。

 

それに、応募する側は先方の情報をある程度わかって応募することになりますが、応募される側にとっては電話では応募してくる人の情報は何もわからずに応対することに成ります。

ネット応募の場合はある程度の応募してくる人の情報が応募される側にわかっていますので、面接などがやりやすくなる面もあります。

バイトのネット応募が電話より優れている2つのポイント

バイトに応募するとき、電話で直接交渉したほうが良いのか、それともネットで応募したほうが良いのかは悩むところです。

どちらか一方に指定されていれば迷うことはありませんが、そうでない場合はちょっと判断に困ります。

ただ、もしもどちらが良いのかの確信がないならば、ネット応募にしておいたほうが無難です。

 

採用担当者の負担にならない

 

電話を企業に直接かける場合には、いくつか注意点があります。

まず、食事時や休憩時間など、電話対応が上手くできないであろう時間には電話しないということです。

たとえ常時電話を受け付けている企業でも、その点について考慮しないと電話をかけただけでやや心証が悪くなってしまいます。

それはとても勿体ないことです。

その点、ネット応募ならば、採用担当者が都合の良いときに目を通すので安心です。

 

聞き間違いのリスクがない

 

また、電話で直接交渉すると、聞き間違いのリスクも大きくなります。

電話したときには面接の約束をしますが、口頭だとどうしても言い間違いや聞き間違いによるケアレスミスをしやすくなります。

 

面接の日時や場所や持参するものなどを聞いていると、しっかりメモしたつもりでも間違えてしまう可能性があります。

その点、ネット応募ならば原則的に面接まではメールなどで連絡を取り合いますので、そうしたミスはしにくくなります。

 

採用されるためには

 

そんなネット応募は、その応募自体が一次審査になっている場合があります。

ですから、完結にまとめた文章を書いて応募することが、採用されるためのコツです。

ですので、その点を踏まえてネット応募をすることが非常に大切です。

アルバイト探しはWEBが便利な理由

アルバイト探しと言えば昔は電話で申し込みをして探すと言うのが当たり前でしたが、近年ではネットの普及によりWEBでの申し込みが主流になりつつあります。

 

WEBでの求人は申し込む側にも求人を求めている会社側にもメリットがあるため、それぞれの立場でのメリットを紹介していきましょう。

 

まず申し込む側のメリットですが、求人サイトを利用することで様々な職種のアルバイト募集を探すことが可能になります。

自分のやりたい職種のアルバイトもピンポイントで探すことも出来ますし、紙媒体と違いパソコン上で同じようなアルバイトを比べてみると言うことも可能になります。

 

何よりWEBで申し込むことで、担当者がいなくてアルバイトの申し込みが出来なかったということもありませんし、電話が繋がらなくて後日かけ直したといった面倒もないのがWEB申し込みのメリットでしょう。

 

採用する側のメリットは、複数の求人サイトに求人案内を掲載することが可能になるため募集を行い易いことや、担当者が一人でもWEBでの募集のため電話対応のように手がふさがることが無く申込者の選定が出来ると言うことでしょう。

 

電話対応の場合、どうしても一度に一人の人しか対応できないため、非常に時間も労力もかかってしまいます。

そういった労力の無駄を省けるのもWEBならではだといえます。

 

おすすめのバイトサイトは大手のタウンワークが使いやすいのではないでしょうか。

全国のアルバイト情報を簡単に検索できますし、自分の住んでいる街のアルバイト情報も簡単に検索できます。

 

気になるアルバイト先はキープしておいて他のバイトを探すことも出来ますし、申し込みもタウンワークのページ上から行えるので、パソコンからでもスマホからでも使えて便利ではないでしょうか。

知っておくべきネット応募の注意点

アルバイトを希望している際に、電話で仕事を希望する会社に電話をする人も多いと思います。

しかし業種によっては、多忙な時間などもあるのです。

その際、接客中であったりするとアルバイトを希望している人からの電話対応は少々煩わしく感じる事もあります。

 

電話が掛かってきたら、会社側も勿論邪険に扱うことは出来ません。

けれど、電話連絡だとあなたの名前や電話番号に希望の職種など聞き取らなくてはいけない内容が沢山あります。

そして面接の日程も決めなくてはいけないので、結構な手間がかかる場合もあるのです。

 

そう考えると、ネット応募であれば予め名前と連絡先や希望職種を記載して応募する事が可能です。

また備考欄に書き込みが出来るものであれば、必ず電話に出られる時間等の大切な用件も予め伝えておくことが出来ます。

 

前もってネットで情報を伝えておけば、会社側もある程度面接が可能な日程を組んだり出来ますし、何より多忙な時間を避けて連絡を出来るので利点が大きいと思います。

しかしネット応募すと、土日などは会社側も確認出来ないと思いますので平日に応募をした方が良いでしょう。

 

そして会社側から掛かってきた電話には、必ず直ぐに出られるようにしておく事が大切です。

忙しい合間を縫って連絡をわざわざ頂いているという事を忘れてはいけません。

 

電話に出ることが出来ず、何度も会社側から連絡をさせるというのは印象がとても良くありません。

そのために、ネット応募で書き込めるのであれば、どうしても電話に出られない時間があるのならば予め知らせておいた方が良いと思います。

 

また掛かってきた電話には、静かな場所等のきちんと声が聞き取れる所で話をして、ハキハキと答える事が良い印象を与えるでしょう。

電話とネットどっちがいいの?アルバイトの応募について

結論から言うと、アルバイトの応募は電話でもネットでも大差ありません。

求めている人材にマッチングすれば応募方法に関わらずに採用されますから、応募方法をあまり気にする必要はありません。

 

ただし、細かい部分ではネット応募と電話応募に差が生まれます。

電話応募の場合は電話を掛けたときに対応してくれる人がどのような人物であるのかわかりません。

 

個人経営の小さい店なら責任者が直接対応してくれるでしょうが、大手のショップなどでは必ずしもバイト採用の責任者が対応してくれるとは限りませんから、何の権限もない人に判断されて電話の段階で落とされてしまう可能性もないとは言えません。

 

ネット応募で送ったメールに関しては、採用担当者が直接目を通す可能性が高くなっています。

電話応募の場合はたらいまわしにされた挙句おざなりな対応をされてしまうケースもあり得ますが、少なくともネット応募なら採用者に直接連絡をつけることができるでしょう。

 

ネット応募なら自己アピールなどを上手に盛り込むことも可能です。

電話で相手に聞かれてもいないことを話してしまうと印象を下げてしまいかねませんが、ネット応募なら過度に印象を下げてしまう心配もなく熱意や適性を訴えることができるでしょう。

 

電話の場合は相手の都合に合わせなくてはいけませんから、応募可能な時間帯に連絡する必要があります。

ネット応募ならいつでも応募可能ですから、深夜や早朝でも問題なく応募可能です。

バイトにネットで応募するメリットは何?

一昔前まではバイトへの応募は直接店舗で行ったり、電話を利用することが一般的でしたが、近年ではネットを利用して申込をする人が増えています。

特にアルバイト求人サイトなどを見ると、サイト上から直接掲載されている企業に応募できるといった工夫がなされていることが多いため、面倒な手続きなども必要ありません。

 

では、電話応募ではなくネットで応募することのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

最大のメリットと言えるのが、「時間の短縮」です。

電話を利用して行う応募ではどうしても通話する時間はもちろんのこと、電話でどのようなことを話せば良いのかなど事前準備にも時間がかかってしまいますが、ネット応募であれば一切そうした時間をかけることなく瞬時に応募が完了します。

 

また、コミュニケーション下手だと感じている方にとってもネット応募は便利なツールの1つです。

ネット応募の後に実際の面接等が控えているケースがほとんどですが、実は電話で応募する段階でも採用の可否を判断していることがあります。

そのため、電話応募でヘマをしてしまうことを防ぐといった意味でもネット応募は大きな利点があると言えるでしょう。

 

さらに近年では、採用する企業側も手続きを簡略化して負担を減らす目的で、電話応募がなくネット応募だけで求人募集をかけているというところも存在します。

ですから、多くの求人を見つけるという点においてもネット応募は便利となっています。