求人におけるネット応募と電話応募の比較

通常でアルバイトに応募しようとする際には、電話かインターネットで応募するというのが主流になっています。それぞれにメリットデメリットが考えられます。

 

電話応募のメリット

 

電話でアルバイトに応募する際には直接採用担当者と話をすることができたり、疑問や質問がある場合にはその場で答えてもらえる、採用までの手間が少ないと言うようなメリットがあります。

それに、「インターネットで応募するのは失礼にあたるのではないか」と考えている人にとっては安心できるという面もあるでしょう。

 

しかし、大会社で採用を担当している人員がいるようなところならいいのですが、店舗の店長や従業員が採用担当を兼ねている場合などは「電話をする時間をどうするか」という問題があります。

もちろんそのような場合には店舗の忙しい時間を避けて電話をする方がよいに決まっているのですが、その時間がはっきりとしないということも考えられます。

 

インターネット応募のメリット

 

一方、インターネットによる応募では時間を気にすることなく応募できるというメリットがあります。

インターネットで応募しておけば、採用担当者は時間がある時にじっくりとその応募を検討することができます。

 

それに、応募する側は先方の情報をある程度わかって応募することになりますが、応募される側にとっては電話では応募してくる人の情報は何もわからずに応対することに成ります。

ネット応募の場合はある程度の応募してくる人の情報が応募される側にわかっていますので、面接などがやりやすくなる面もあります。