電話とネットどっちがいいの?アルバイトの応募について

結論から言うと、アルバイトの応募は電話でもネットでも大差ありません。

求めている人材にマッチングすれば応募方法に関わらずに採用されますから、応募方法をあまり気にする必要はありません。

 

ただし、細かい部分ではネット応募と電話応募に差が生まれます。

電話応募の場合は電話を掛けたときに対応してくれる人がどのような人物であるのかわかりません。

 

個人経営の小さい店なら責任者が直接対応してくれるでしょうが、大手のショップなどでは必ずしもバイト採用の責任者が対応してくれるとは限りませんから、何の権限もない人に判断されて電話の段階で落とされてしまう可能性もないとは言えません。

 

ネット応募で送ったメールに関しては、採用担当者が直接目を通す可能性が高くなっています。

電話応募の場合はたらいまわしにされた挙句おざなりな対応をされてしまうケースもあり得ますが、少なくともネット応募なら採用者に直接連絡をつけることができるでしょう。

 

ネット応募なら自己アピールなどを上手に盛り込むことも可能です。

電話で相手に聞かれてもいないことを話してしまうと印象を下げてしまいかねませんが、ネット応募なら過度に印象を下げてしまう心配もなく熱意や適性を訴えることができるでしょう。

 

電話の場合は相手の都合に合わせなくてはいけませんから、応募可能な時間帯に連絡する必要があります。

ネット応募ならいつでも応募可能ですから、深夜や早朝でも問題なく応募可能です。